株式会社計画情報研究所

業務紹介

WORKS

染め帯の商品化を通じた加賀友禅の活性化事業

商品やサービス開発・プロモーション
「手が届く本物を」をコンセプトに加賀友禅の染帯を気軽にセミオーダー(地色・柄)できる仕組みを加賀友禅作家、金沢市加賀染振興協会と提案。金沢市内(東山)ギャラリーで販売実験を行い、会期中には、販促として着物スタイリストを招いた加賀友禅の装い方を学ぶ講座を開催した。また、旅行代理店、雑誌編集者(全国紙)などを招いたモニターツアーで取組みの紹介を行った。

加賀藩主御前料理の復活による加賀料理のブランド化・発信プロジェクト

商品やサービス開発・プロモーション
新幹線開業時の首都圏からの誘客にむけ、学術的アプローチと飲食業界との連携により、加賀料理を正統な「加賀藩主御膳弁当」として復活、ブランド化するための取組み。旅行代理店、雑誌編集者(全国紙)などを招いたモニターツアーを市内料亭にて実施し、「加賀藩主御膳弁当」の試食会を開催した。
No image

まちなかポイントサービス事業調査

交通システム計画商品やサービス開発・プロモーション
(株)まちづくりとやまでは、2007(平成19)年9月より富山ライトレールのICカード「パスカ」を活用した商業ポイントサービスの実証社会実験を開始している。パスカ所有率が低いこと、ポイント率の設定が低いことなどにより、当初はサービスの普及が思うように進まなかった。 本業務では、来街者アンケート・利用状況調査、加盟店アンケート調査を実施し、サービスの課題を探り、より使いやすいポイントサービスをめざし、利用者拡大に向けた検討を行った。

染め帯の商品化を通じた加賀友禅の活性化

商品やサービス開発・プロモーション
加賀友禅の消費拡大、技術継承を目的とし、加賀友禅の新しい使い方を提案する染帯を商品化した。商品開発に際しては、消費者ニーズを反映するため、首都圏と金沢で消費者ヒアリング調査を行うとともに、専門家、友禅作家などで構成される協議会を組織し、検討、試作品の製作を行った。試作品は、加賀小紋作家と友禅作家がコラボレーションし、これまでにない加賀友禅の魅力を伝える商品とした。平成23年度は、7本の帯を試作し、平成24年度は首都圏百貨店、金沢市内ギャラリーでの販売をめざす。

七尾港港湾産業活性化推進検討業務

商品やサービス開発・プロモーション
七尾港の港湾産業活性化に向けて、中核である造船業に着目し、作業船修繕ニーズ把握のための顧客意向調査(アンケート、ヒアリング)、作業船係留候補地の選定(七尾湾内の港湾および漁港調査)、および地域経済への波及効果の算定を行うとともに、作業船受注拡大に向けた顧客PRを行った。

金沢市ものづくり産業販路開拓モデル事業実施支援業務

商品やサービス開発・プロモーション
公募型事業において、紙器産業の企業グループと連携してモデル店舗を運営しながら、BtoB、BtoC向けの新たな商品開発支援及び販路拡大事業の検証を行った。
No image

能登山菜マーケティング事業需要者等実態調査

商品やサービス開発・プロモーション
石川県能登地域の里山活性化に向けて、里山ビジネスの可能性のひとつとして山菜を取り上げ、市場性を調査し、展開課題を整理した。
No image

犀川辰巳治水ダム建設事業(貯水池周辺整備検討業務)

商品やサービス開発・プロモーション
公募型事業において、紙器産業の企業グループと連携してモデル店舗を運営しながら、BtoB、BtoC向けの新たな商品開発支援及び販路拡大事業の検証を行った。

能登島の魅力発信HP・パンフレットの作成、事業取りまとめ等の業務

商品やサービス開発・プロモーション
能登島の魅力を発信するため、観光協会のHPの作成、パンフレットの作成、能登島バーガーの開発、景観保全パトロールの実施などを行った。 HPの作成、パンフレットの作成に際しては、能登島の人と暮らしの豊かさが伝わるよう、きめ細やかな取材を行った。
No image

箔の海外市場調査

商品やサービス開発・プロモーション
国内ではシェア95%以上を誇る金沢の金箔であるが、海外市場における箔の生産、流通、販路、用途、材質など、マーケティング調査を行った。
No image

能登半島全国発信プロジェクト事業

都市・地域の活性化商品やサービス開発・プロモーション
2007年3月に能登半島を大きな地震(能登半島地震)が襲い、能登地域は大きなダメージを負った。その能登地域が、震災から立ち直り、更に自発的・継続的に発展するためには、中小企業等の復興と併せて農林水産物や産地の伝統産業・技術、観光資源等の地域資源をはじめとする能登半島の魅力を全国に発信し、多くの人々に能登半島に来ていただき、能登の様々な農水産物やサービスを求めてもらう必要がある。 本プロジェクトでは、ICTを活用した情報発信ツールを構築し、能登地域の魅力を全国へ向けて発信し、被災した中小企業や観光産業の新たなビジネス展開を支援した。能登の情報発信「能登スタイル」、特産品ネットショップ「能登スタイルストア」の既存サイトを通じて、能登の中小企業が製造販売する特産品を紹介や、実店舗や催事などでPRを行う等、販路拡大のための支援を行った。 (2007~2011年度業務実施)

美食のまち金澤じわもん実施方針素案策定委託業務

商品やサービス開発・プロモーション
誇るべき金沢の食文化を全国へ発信するため、金沢食文化の全国への発信状況の把握、観光客へのアンケートによる金沢食文化の認知度を把握しながら、有識者からなる検討会において、食文化発信のあり方を検討した。