スタッフコラム

QoLを社員で考えてみた(前編)

 第1章 滝へのご招待

 2019年7月12日、27回目となる当社の研修大会を石川県中能登町で開催しました。計画情報研究所の研修はすべて手作り、企画から運営まで幹事として選ばれた社員が行います。今年の研修大会のテーマは「時代の転換期にあたりそれぞれのQoLを考える」です。それぞれのQoLを考えるために「初体験・刺激」がキーワードとなりました。

 研修大会開の事前準備として、幹事が「初体験・刺激」を求めてやってきたのは、石川県中能登町にある不動滝。不動滝では毎年7月5日に「滝開き」が開催され、滝行挑戦者が集まります。

 滝行は、滝の水流を全身に受けることにより、生活の活力をつける、悩みを祓うなど、心身を鍛錬することができる日本の伝統的な修行方法の1つです。

 QoLを考えるための一助として、単身滝行に挑戦しました。

 

滝行写真.jpg

▲名勝「不動滝」

 

 滝を浴びていたのはわずか3分でしたが、まるで丸1日運動をしたかのような疲労感を覚えました。修行僧はなんと1時間浴び続けるといいます。滝行が修行となる由縁がわかった気がしました。

 皆さんもぜひ中能登町に足を運び、「滝行」というレアな「初体験・刺激」をしてみてはどうでしょうか。

(文:中村)

 

 第2章 破れない約束がある

 今回の研修ではQoLを「人生観・生活観」と定義し、自分だけではなく他人のQoLにも触れることにより、自分自身のQoLをより深く見つめることを目的にしました。

 

【知られざる住職の人生観…?】

 今回「他人」のQoLに触れるため、俗世間から離れた世界に生きる住職に講話をお願いしました。果たして、仏道に生きる住職はどのような人生観をお持ちなのでしょうか…

 

【キミ、ワシより住職らしいな!】

 6月某日、私を含めた幹事3名で圓光寺の長谷住職を訪ねました。長谷住職は国指定の史跡である石動山の玄関口にある守護寺の住職です。そんな住職が私を見たときの第一声は…

 「キミ、ワシより住職らしいな!」

実は私、まさに坊主頭でありまして、それを見ての住職の反応でした。

 

【それでもやっぱり住職!】

 さて、当初は人前で話すのは苦手と仰り、講話を固辞された長谷住職でしたが、粘り強く交渉した結果、住職を交えたトークショウという形でお話をいただけることになりました。その中で特に印象に残ったやり取りがこちら。

 

司会者:

修行者にとって苦しい時があるように、我々も仕事で苦しい時がありますが、住職は苦しい時はどうしていらっしゃるのですか?

 

長谷住職:

自分で何かをやると決めたことは、即ち仏と約束したことになる。仏との約束は必ず守る。約束を違えることは仏に対して嘘をつくことであり、あってはならないことである。よって、人と約束したことは必ず守るように努力する。そうしていると仏が助けてくれる、そう考えている。

 

さすが住職!ここぞという時に含蓄あるお言葉でビシッと締めていただきました。

 

千徳と住職.jpeg

▲写真奥の右から3番目に座っている方が長谷住職、立っているのが筆者

(文:千徳)

 

 第3章 「脳にスキ間」を空け、QoLを考え、絵にする

 27年目の社員研修は、令和の時代を新経営陣で迎える転換期でもあり、社員それぞれのQoLを考え、発表することをテーマにしました。

 中能登町を舞台に、固有の歴史や自然、食、人情をインプットし、古民家の不思議体験でいったんクールダウンした後、頭に浮かんだQoLを脳内マップに描きました。

 個人のQoLを話し合うことは、ふだんはほとんど無いですが、独特な体験を体に浴びたこともあり、参加者は皆脳内をさらけ出して(?)、希望やユーモア溢れるイメージを言葉に、カタチにして、和気あいあいとした一日となりました。

 互いが互いのQoLを証人の立場で聞くことで、皆との約束事となり、QoL実現に向けた行動を行うこととなりました。

新聞記事.jpg

▲社員研修が掲載された新聞記事

脳のメカニズム.jpgのサムネイル画像

▲脳のメカニズム

脳内マップ①_加工後.jpg

▲脳内マップ①

脳内マップ②_加工後.jpg

▲脳内マップ②

脳内マップ③_加工後.jpg

▲脳内マップ③

(文:四藤)

 

 ~「QoLを社員で考えてみた(後編)」に続きます~

 

 

 

 

 

2020年2月14日 17:50