スタッフのつぶやき

2015年5月29日

生物文化多様性

IMG_1706.JPG

金沢で開催された創造都市ネットワーク国際会議の関連イベントとして、昨日は国連大学サスティナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニット主催の国際シンポジウムがあり、生物文化多様性共同プログラムのユネスコ側、生物多様性条約事務局側の担当官の講演、日本の研究者らの事例報告やパネルディスカッションなど多彩な催しがありました。

生物多様性と文化多様性のつながりを研究するプロジェクトに、ここ数年少しだけ関わっていましたが、金沢に住んでいると、都市と農村、生物多様性と文化多様性のつながりを歴史的文脈も含めて色濃く感じることができます。古いものを保存するだけでなく、新たに意味を再定義しながら発展しつづける伝統工芸とその背景にある自然など。

グローバリゼーションの時代だからこそ、いしかわ金沢モデルの価値観が見直されているのです。最後に金沢メッセージ2015が宣言されました。

当日配布された冊子(60数ページ)の制作に関わることができたことはとてもありがたい経験でした。

ちなみに、表紙の写真はどこだと思いますか?

兼六園観光協会からお借りしています。兼六園を散策してさがしてみてください。

(安江)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://keikaku.or.jp/mt/mt-tb.cgi/215

アーカイブ