業務実績

平成30年度 (2018年度)

交通システム計画

能美市地域公共交通検討業務委託(能美市)

能美市では、公共交通機関の維持や活性化に向けた様々な施策が行われてきたが、市民の満足度が低く、利用状況が低調であった。 本業務は、今後、高齢化や少子化の急速な進展が予測される中、高齢者や学生等のあらゆる人が安心して公共交通を利用できるよう、コミュニティバスを中心に公共交通の実態把握・分析、市民ニーズ調査・各種ヒアリングを徹底的に行った結果、現行の運行ルートやダイヤでは朝夕の通勤通学にも日中の買い物や通院などにもマッチしていないことが明らかとなった。そこで、2020年4月からの抜本的な再編を目標に、路線やダイヤ、事業性を検討し、地域公共交通会議やパブリックコメントを通して、再編案を策定した業務である。

平成30年度駅・バス停別利用促進啓発事業業務委託(富山市)

事業期間(平成28年度〜平成30年度)において、公共交通の利用促進を図るため、沿線人口が多いにもかかわらず、公共交通の利用が少ない地区を対象とし、特定の駅やバス停において戸別訪問やアンケートの手法により啓発を行った。また、平成30年度に、効率良く効果を挙げられるモビリティ・マネジメント手法を標準化し、本事業終了後に交通事業者が主体となり継続的に事業を実施すること、交通事業者の担当者が円滑に事業を推進することを目的に事業推進マニュアルを作成した。

道路利用満足度調査業務委託(石川県)

今後の道路行政に反映することを目的とするため、県内道路を利用するドライバーを対象に、道路利用満足度アンケートを実施した。道路環境に対する評価・意見を収集し、評価分析や意見を路線や地点等で表せらるようコード化及びDB化し、集計等を行った。

平成30年度中能登町公共交通再編検討調査業務委託(中能登町)

金沢都心軸交通環境改善調査業務委託(交通実験実施協議会)

市街地交通状況実態調査及び解析業務委託(高山市)

路面電車南北接続後の運行形態等調査検討業務委託(富山市)

富山市ではコンパクトシティ政策の柱として路面電車の活性化を進めており、市内電車とライトレールをつなぐ南北接続は最重要プロジェクトに位置づけられている。本業務は、2020年3月の南北接続に向け、路面電車利用者及び沿線住民のニーズを再確認するとともに、利用状況に関する基礎調査(OD調査)等を実施し、今後の運行方法に関する課題等のとりまとめを行った。

小学生の公共交通利用促進調査と教材パンフレットの作成、及びクロスセクター効果試算による管内自治体職員への意識醸成業務(北陸信越運輸局)

北陸信越運輸局管内の小学校の児童に対し、公共交通利用の意識調査・公共交通利用促進の教材パンフレットを作成した。また、廃止された路線(鉄道・民間バス)の廃止状況や廃止後の影響について自治体職員に対してアンケート調査・ヒアリング調査を行い、クロスセクター効果試算等による管内自治体職員への意識醸成の報告書を作成した。

都市・地域マスタープラン

第2次射水市子どもに関する施策推進計画作成業務委託(射水市)

射水市子ども条例第10条の規定に基づき、射水市が子どもに関する施策を総合的かつ計画的に推進していくため、子どもの幸せと健やかな成長を図る社会の実現に向けた第2次射水市子どもに関する施策推進計画の策定を支援した。策定にあたっては、アンケート調査や委員会の意見を踏まえている。

都市・地域の活性化プロジェクト

宝のまちブランド推進事業支援業務(宝達志水町)

No.2jpg.jpg

 宝達志水町における定住人口の拡大に向けたブランディング戦略として、町民が誇りを持って住み続けられるまちをめざすために“宝達志水町をもっと楽しくする活動”「宝活」という町民提案参加型の活性化プロジェクトの活動支援やメディアを活用したプロモーション等を行った。 今年度は、町民が主体となって「宝活」を継続していくことを目的として、宝活会議の開催や活動の運営支援を行った。 「宝とウォーク」という写真を撮りながら地区内を歩いていいところを再発見する活動には、地区外からも参加があり、従来の集落中心のコミュニティからテーマ主導型のコミュニティ形成が進みつつある。 https://houkatsu.info/

いしかわ里山里海サイクリングルート利用促進施策検討業務委託(石川県)

平成28年度に策定した「いしかわ里山里海サイクリングルート整備計画」に基づき、平成30年度は七尾湾ルートを加え、6つのルートの整備を行った。また、県内外のサイクリニストを対象としたアンケート調査や走行台数調査を実施し、現況把握に加え、サイクリニストのニーズ調査を行った。さらには、HPやSNS等のインターネットコンテンツを活用した情報発信を行い、利用者の拡大を図った。

健康長寿コンシェルジュ・サービス事業業務委託(富山市)

富山市では、新しい健康の概念である「ウェルビーイング」の普及を目指している。これは、病気治療や病気予防の観点からの健康に限定せず、人とのつながりを持ち、生きがいのある生活を送る健康を加えた考え方である。本業務では、ウェルビーイングの普及を、官民連携で進めるための枠組み、プロジェクト内容をワークショップ形式で検討した。検討結果を基に、次年度は実証実験として「元気プログラム」を5ヶ月間実施し、ウェルビーイングの向上にどのようにつながるか検証予定である。

平成30年度 地方創生推進交付金事業 繊維でみんなが動き出したサイクルを加速する事業 インターンシップ支援業務委託(中能登町)

No.21jpg.jpg

「中能登町まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、基盤産業である繊維産業を活性化し外貨を稼ぎ、雇用の維持・拡大することを目標に掲げている。そのための具体的な施策として、町内の子ども達に繊維産業を知ってもらうという課題を解決するインターンシップの受け入れの支援を行った。インターンシップ生が企画する「繊維をテーマにしたイベント」に、町内の繊維事業者を参画させることや、プログラムづくりの支援などの繊維産業の活性化を図られるように企画補助を行った。また、インターンシップのカリキュラムには、PDCAサイクルを意識したイベントの企画〜実施〜振り返りを行い、インターンシップ生の学びになるプログラムを提供した。

北陸新幹線敦賀開業に向けた敦賀市行動計画策定業務委託(敦賀市)

2023年春に予定されている北陸新幹線敦賀開業に向けて行政・民間企業・関係団体などが一丸となって来訪者の受け皿づくりに取り組み、開業効果を最大限に引き出すことができるよう、「いつ・誰が・何を・どのようにすべきか」を具体的に示す行動方針を定めた「北陸新幹線敦賀開業に向けた敦賀市行動計画」の策定支援を行った。

奥飛騨温泉郷活性化基本構想策定に係る調査等業務委託(高山市)

岐阜県高山市の観光客入込数は増加しているが、奥飛騨温泉郷地域の宿泊者は合併以降減少傾向にある。この状況を改善するために、観光資源の効果的な活用や旅行形態の変化に応じた効果的な誘客施策を実施し、関係団体や事業者、地域住民と連携し、奥飛騨温泉郷地域の活性化を図ることを目的とした「奥飛騨温泉郷活性化基本構想」の作成に向けた基本となる企画書を作成。作成にあたっては、各種アンケート調査やワーキング会議、関係者へのヒアリングを行い、将来像及び各地区(平湯、新平湯、福地、新穂高、栃尾)の方向性はもちろん、施策案の提案など、地元住民の思いを反映したものとした。

「歩く」行動を促すインセンティブ検討業務委託(富山市)

富山市のSDGsモデル事業「LRTネットワークと自立分散型エネルギーマネジメントの融合によるコンパクトシティの深化」に向けた取り組みにおける、経済・社会・環境の三側面をつなぐ統合的取組の一つとして、市民に歩いて健康に暮らすライフスタイルの定着を図るため、市民に歩くことを促すインセンティブの内容を検討した。実現可能な施策を比較、検討することにより、今後、導入するインセンティブシステムの構築に向けた調査研究を行った。

金沢版ウェルネスツーリズム構築支援業務(一般社団法人金沢市観光協会)

国外からの旅行者の誘客を促進するため、金沢の歴史、食、風土を活かした海外富裕層向け中長期滞在型のウェルネスツーリズム構築に向けた支援を行った。ヒアリング調査を通じて外国人旅行者が日本を旅行する上で求めているニーズや、ウェルネスツーリズムに生かせる金沢独自の資源について、その実態を把握し今後の課題を整理するとともに、ターゲットや方向性について検討した。

小矢部市観光振興プラン策定業務(小矢部市)

小矢部市には「メルヘン建築」や「歴史的観光資源」などの様々な観光資源があり、北陸新幹線や三井アウトレットパーク 北陸小矢部の開業により、交流人口が増加している中、更 なる交流人口の増加と、地域経済の活性化を図ることを目的として、様々な観光施策に取り組んでいる。本業務では、本市の有する観光資源の魅力や課題を洗い出したうえで、本市における観光のテーマや今後の方向性、目指すべき将来像を定め、2019年度から5ヶ年の、観光分野における具体的戦略となる「第2次小矢部市観光振興プラン」の策定を支援した。策定にあたっては、アンケート調査や地元有志によるグループ会議を行っている。

平成30年度金沢版DMOマネジメント機能強化推進業務委託(一般社団法人金沢市観光協会)

No.58jpg.jpg

一般社団法人金沢市観光協会は、観光のプラットフォーム機能を担う金沢版DMOとして、民間の経営手法を取り込みながら多様な関係団体と連携し、金沢ならではの旅行商品づくり、戦略的なプロモーション、人材育成等を行っている。本業務では金沢版DMOの機能強化に向けた戦略を検討する運営推進会議の支援を行った。また、金沢版DMOが継続的に実施している、協会員同士がワークショップ等を通じて交流し意見交換を行う「会員意見交換会」の企画・開催支援を行った。

東アジア文化都市2018金沢事業評価業務(東アジア文化都市2018金沢実行委員会)

副読本「わたしたちの富山市」を使ったSDGs教育ツールの開発業務委託(富山市)

2018年、富山市は「SDGs未来都市」に選定された。富山市のSDGsの理解及び普及を目指すため、小学校教員と検討を繰り返しながら、今後富山市が重点的に取り組むSDGs関連事業を、社会科副読本「わたしたちの富山市」に新たに盛り込んだ。

施設計画・土地利用計画

金沢市駐車場基本・整備計画の具現化に向けた制度検討業務委託(金沢市)

平成30年4月に駐車場台数の総量を増やさないことを目指す「金沢市駐車場整備に関する基本計画及び駐車場整備地区における駐車場整備計画(第3次)」が策定された。これら駐車場計画の策定に伴い、今後の駐車場施策の方向性と「金沢市建築物の駐車施設に関する条例(以下、附置義務条例とする)」を整合させるため、附置義務条例の改正等、計画の具現化に向けた施策の検討を行った。

平成30年度 能都庁舎跡地利活用計画策定業務(能登町)

能登町新庁舎建設に伴い、現庁舎跡地に関する利活用方策を検討するものであり、アンケート等で広く町民の意見を集めるとともに、関連団体へのヒアリングを通じ、住民ニーズに合致した利活用計画を有識者、関係者を委員とする委員会を設置し、総合的な見地から本計画に対する協議を行い策定した。

平成30年度 小松市住宅マスタープラン改訂業務(小松市)

住宅マスタープランは、小松市の住宅政策の基本理念、基本方針、施策内容の方向性について体系的に整理し、家族が集う中心である“住まい”の安心・安全を高めるとともに、地域特性を活かし、時代の潮流に合致した“まちづくり”に向けた基本構想を定めることを目的として策定するものである。 2018年度が住宅マスタープランの見直し時期でもあることから、2014年度版の住宅マスタープランを基本として、この間の公立小松大学の開校、2つの日本遺産の認定、北陸新幹線小松駅2023年春開業の公表など新たな社会変化にも対応した住宅マスタープランを改訂した。

平成30年度 七尾市街地西地区 都市再生整備計画事後評価業務委託(七尾市)

平成30年度 松川町都市計画マスタープラン策定及び都市計画道路網見直し検討業務委託(株式会社 こうそく)

金沢西部副都心街なみ形成調査業務委託(石川県)

産業振興・マーケティング調査

高岡問屋センター将来ビジョン策定業務(富山県中小企業団体中央会 協同組合 高岡問屋センター)

高岡問屋センターは創立50周年を機に、企業団地としてのあり方を見直して、求心力のある組合へと展開していくことを目指している。そのため、組合員企業へのアンケート調査及びヒアリングを行うことで現在抱える課題の整理を行い、今後10年間の目指す方向性と短期的に実施するプロジェクトの枠組みを示した振興プランの提案を行った。

6次産業化研修・トライアルコースコーディネート業務(公益財団法人いしかわ農業総合支援機構)

平成30年度 珠洲市地域活性化プログラム検討業務(珠洲市)

No.22jpg.jpg

珠洲市では、奥能登国際芸術祭の開催、SDGs未来都市の選定を契機に、様々な波及効果を地域に生み、経済や文化の活性化を図っている。本業務は、次期芸術祭に向けた珠洲の食の発信、宿泊機能の強化、観光交通の実現、子どもに対する芸術教育の推進を柱に、各プロジェクトの推進を図った。珠洲らしい弁当としては「すず弁」の開発、芸術教育では小中学校向けのワークショップにおいて効果がみられており、今後さらに発展させていく方針である。

金沢一期一会 プレミアムツアーコーディネート業務(一般社団法人金沢市観光協会)

新たな政策ニーズの提案

金沢版働き方改革推進プラン策定に係る基礎調査等業務委託(金沢市)

政府において、2018年6月に労働基準法や労働安全衛生法など計8本の法律を一括改正する「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立し、金沢市においても働き方改革を官民一体となって推進していくこととしている。 本業務では、金沢市内の企業へアンケート調査を行い、市内企業における「働き方改革」の取組み状況を把握するとともに、金沢市を取り巻く雇用・労働環境や社会情勢の基礎的調査を行い、「金沢版働き方改革推進プラン」の策定を支援した。

平成30年度 珠洲市空き家ホテル開発プロジェクト検討業務(珠洲市)

珠洲市では、2020年に開催される「第2回奥能登国際芸術祭」に向けて、空き家を活用した宿泊施設開業を目指している。そのため、市民向けの勉強会、開業を目指している事業者への専門家による相談会を開催した。また、宿泊施設として活用が期待される空き家の調査、宿泊施設開業者募集のための公募要件の検討を行った。

持続可能な開発目的(SDGs)の推進に向けた共同研究支援業務(金沢市)

No.37jpg.jpg

国連が提唱しているSDGsの達成に向けて、金沢市、公益社団法人金沢青年会議所、国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニットの3者は共同研究に向けた協定を締結し、独自の目標設定や行動計画の策定、認知度向上等に取り組むこととしている。 本業務では、この共同研究をサポートし、金沢におけるSDGsの達成に向けた「5つの方向性」の設定、2030年における金沢のあるべき姿や独自の目標設定の検討に係るプロセスの提案を行った。さらに市民へのSDGs普及啓発や多様なステークホルダーの連携を促進するためのシンポジウム企画、開催支援ならびにリーフレット作成を行った。

通訳ガイドの相互交流と連携強化事業支援業務(北陸・飛騨・信州3つ星街道観光協議会)

北陸・飛騨・信州3つ星街道の5市村で活躍している通訳ガイドのレベル向上と各市村のガイド間の連携促進によるおもてなし力の向上と更なる誘客を目的に通訳ガイドスキルアップ研修&交流会を開催し、それぞれの地域の課題や解決策を共有、その成果として回遊性を高めるほか、旅ナカのFITやインバウンド旅行会社の活用を目的に、3つ星街道の自治体ごとに整備されている、通訳ガイドサイトを3つ星街道サイトに集約して確認できるポータルサイト的なものの整備に向けて、今後の連携方策案の検討を行った。

金沢版働き方改革推進プラン策定支援業務(金沢市)

A社働き方改革プロジェクト支援(A社)

PR(広報・キャンペーン等)や市民協働型会議支援

働き方改革研究事業(金沢市)

No.10jpg.jpg

金沢イクボス企業同盟の事務局として、「イクボス」の育成をはじめとする、職場環境向上に向けた先進的事例やノウハウ等の働きやすい環境づくりについて研究、普及啓発を行った。県外からの講師を招いた講演会や勉強会を開催し、多くの市内企業の参加して頂いた。またHPにおいて、先進的事例の紹介も行っている。今後も勉強会等の開催を通して金沢におけるイクボスの普及啓発活動を進めていく。 https://ikuboss-kanazawa.com/

「SDGsダイアローグシリーズ」リレーイベント運営支援業務(国連大学サスティナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティングユニット)

No.48jpg.jpg

国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)の開設10年を記念し「SDGsいしかわ・かなざわダイアローグシリーズ」を開催した。これは石川県内のさまざまな分野でSDGsを進めている地域の関係者が広く連携し、「SDGsとは何か?」や「SDGsを進めていくためにはどのようなアプローチがあるか」を広く知ってもらうリレーイベントであり、2018年度は計15回開催した。本業務では、これらシリーズの企画ならびに全体調整、各イベントの運営支援等をOUIKと連携し総括的に実施した。

いしかわの道パンフレット検討業務委託(石川県)

自主事業

能登スタイルストア 八百萬本舗店(自主事業)

浅野川大橋のほど近く、町屋をリノベーションした八百萬本舗に能登スタイルストアを自主事業として出店している。能登を中心に県内からセレクトした石川県の食文化や暮らしに欠かせない「ちょっといいもの」を店頭販売している。立地柄、観光客の動向やトレンドなどの情報収集機能も併せ持ち、観光業務など本業へのフィードバックにも活用している。http://www.yaoyoroz-honpo.jp

カテゴリ別業務実績


年度別業務実績

ページトップへ