スタッフコラム

ワークライフバランスの取組

当社ではワーク・ライフ・バランスやダイバーシティに取り組んできましたが、このたび、平成27年度「金沢市女性活躍モデル企業」に認定されるとともに、北陸では初となる「イクボス中小企業同盟」に加盟しました。
 
(安江)
 

金沢市女性活躍促進モデル企業

金沢市が平成27年度に導入した事業で、平成25年度からスタートした「女性活躍促進プロジェクト」に2年間参加した企業の中から当社を含めて4社が選ばれました。
 
今後も女性幹部育成、管理職社員の育成、キャリア形成などに取り組んでいきます。
 
▼金沢市長室での交付式(平成27年6月11日)
IMG_1751-thumb-600x448-884.jpg
 

イクボス中小企業同盟の加盟

全国の中小企業間でネットワークを構築し、ダイバーシティ推進や女性活躍、イクメン支援、イクボス養成などを行う「イクボス中小企業同盟」に北陸で初めて加盟しました。(平成27年8月7日)
 
現在、20数社が加盟していますが、今後は、中小企業間で成功事例を共有するとともに、積極的に自社の管理職の意識改革を行って、新しい時代の新しい経営を目指します。
 
※イクボスとは、共に働く部下・職場スタッフのワークライフバランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します。

 
▼イクボス中小企業同盟 安藤哲也氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表)来社時の記念写真(平成27年9月3日)
イクボス_計画情報研究所03.jpg
 
 
 
 

これまでと今後の取組について

当社は、建設コンサルタント業界とシンクタンク業界の境界領域という独特の立ち位置にあります。専門分野は、政策立案、調査、計画、事業支援等、いわゆるソフトの企画がメイン業務であり、技術者のうち女性が約5割を占めています。
 
この点は同業他社と比較するととても特徴的です。女性は結婚、出産、育児、介護というライフステージの影響を受けやすいのですが、せっかく培ったノウハウを長期的に活用していくため、当社では、男性女性問わず、柔軟な就業形態を目指していこうとできることはなんでも取り組んできました。
 
多様な働き方の実現(短時間勤務、週3日勤務、在宅ワークなど)、時間休制度(月間フレックス)、月2回の勉強会(社内共通の使用言語、思考方法など)、作業ピークの平準化に関する取組や意識づけなどによって、残業時間は平成20年度から半減し、逆に一人あたりの付加価値(粗利)は増加しています。
 
意思決定が速く、できることはすぐ対応できるのが中小企業の強みです。外部環境は常に変化しており、働く人の意識も多様化しています。「0(ぜろ)か1(いち)か」の人生の選択ではなく、各社員どうしが「自分ごと」としての意識を持ち、ライフステージに応じて能力を十分発揮できる環境を整え、刺激しあえる関係性を築きたいと考えています。
 

2015年9月 3日 13:35