スタッフのつぶやき

2014年3月24日

金沢の手みやげ

resize_img_6591.jpg

新しい金沢の食のお土産をつくるプロジェクト。
6月にフォーラム、7月に審査会、8/20から月1ペースで事業者勉強会を重ねてようやく本日お披露目です。

HP 金沢の手みやげ

(安江)

 

2014年3月14日

今年のホワイトデーは・・・

20140314.jpg 今日はホワイトデーということで男性社員一同から女性社員へ送ったのがこれ。
能登の塩を使ったホワイトしおチョコレート・しおサイダー・しおゼリーという「塩」尽くしの3品です。新人男性社員がプロデュースした割には渋い選択です。
なかなか好評だったようで、これで男性社員の株も上がったでしょうか!?

(出口)

2014年3月 7日

あたたかい一日

L1030611.gif

天気予報では今日から”雪”でしたが、良いお天気の金沢です。

青空!

 

(大西)

2014年2月28日

ひなまつり

IMG_2917.JPG

ひなまつりが近づくと、ようやく春を感じます。

のと鉄道七尾線の車両内に鎮座ましますひな人形にびっくり!

穴水までご一緒しました。

(長江)

 

2014年2月24日

小羽の「ふれあいそばまつり」に行ってきました。

富山市の小羽(旧大沢野町)で行われた「小羽ふれあいそばまつり」(2/16)に行ってきました。

そばは地元の方たちが作るゆでたての一品。コシがあってしこしこつるつる。かぐわしく、清々しいおそばでした。1年に1度しか食べられないのが残念でなりません。

そば粉お好み焼き(なんと100円)も絶品でした。

 

DSC_0516.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0518.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は、廃校になった地域の小学校です。地域の農家さんが集まって組織している農業生産法人小原営農センターが作っている絶品の納豆、豆腐、お餅なども購入でき、かなりエキサイトしました。

太鼓、津軽三味線の演舞が行われ、地域の文化祭のようです。

DSC_0514.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

小羽は春にはタンポポが満開になり蝶が飛ぶ夢のような風景を見ることができ、かなりスピリチュアルなそうです。美味しいモノが多くて、自然も豊か。不思議な魅力にあふれる地域です。

地名に「羽」が付くところは、UFO伝説があるそうです。なるほど。

(金岡)

2014年1月23日

学園祭に出ます

IMG_2984-1.jpg

2/1(土)、2(日)の2日間、東京ビッグサイト(西2ホール)で開催される観光庁主催の商談会イベント「タビカレ学園祭」のチラシ。

私も金沢市のブースにいますので来てくださいねー。きっといいことあると思います。

PS この年で学園祭に出展することになるとは・・・(^_^;)

(安江)

 

2014年1月21日

奥能登・冬のイベントバス運行!

IMG_2619.JPG

平成26年1月19日(日)の能登町宇出津「寒ぶり祭り」当日、のと鉄道穴水駅や輪島特急穴水此木バス停と会場を結ぶイベントバスを運行しました。

イベントバス運行で、金沢や七尾方面から、日帰りで宇出津と往復できるダイヤがはじめて実現!金沢や白山市方面からご利用いただきました。当日は雪が激しかったので、自分でクルマを運転しなくてもよかったのは安心でした。

2月23日(日)の「食祭珠洲まるかじり」(珠洲市)でも運行される予定です。

金沢からお昼前について、美味しいご飯をたべて、お土産買って帰ろうかな。

今度は昼からお酒飲んじゃおうかと算段中です。

※珠洲まるかじりイベントについてこちら↓

http://www15.ocn.ne.jp/~suzucci/

※イベントバスの詳細情報はこちら↓

http://kankounavi.city.suzu.lg.jp/open_imgs/event/0000005929.pdf#search='%E7%8F%A0%E6%B4%B2+%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%98%E3%82%8A+%E3%83%90%E3%82%B9'

(長江)

 

2014年1月 6日

新年あけましておめでとうございます!

DSC_0102.jpg

2014年仕事始め。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

撮影:長江

 

2013年12月12日

冬到来!!

1.jpg

石川県能登地域に冬到来!!

雪だるまがつくれそうな天気でした。

これからの石川県は雪の多い季節になります。

(大西)

2013年12月 3日

高岡市民フォーラム

DSC_0074.JPG11月18日、北陸新幹線開業500日前として、高岡で市民フォーラムが開催されました。

参加者は、なんと730人! 高岡市民の意識の高さ、運営する高岡商工会議所青年部の熱意が伝わるフォーラムでした。

観光会議きゅうしゅうの元編集長、木村宏美さんの講演は勉強になりました。九州新幹線開業をチャンスととらえた各地の知恵を絞った動き、市民ができること、行政ができること、そして行動の大切さ。会議所青年部の2つの委員会からも実践的な発表があり、参加者の意識を大いに高める内容でした。

私はパネルディスカッションのコーディネーターを務めましたが、①観光交流の拡大、②飛越能の玄関口という高岡の課題に対し、パネリストの皆様から当事者として決意を持ったご発言をいただいたことで、会場の皆様に問題提起ができたと思っています。

高岡の強みは、歴史の中にものづくりが息づいていること。観光バブルをつくるのではなく、クラフト、アートに興味ある人が、何度も通いたくなる街を目指していけたらと思います。   (米田)