スタッフのつぶやき

地域の情報

2017年7月20日

心蓮社

IMG_3920.JPG

江戸時代初期に作庭された心蓮社の庭園(金沢市名勝)。
和みますね。

(安江)

2015年10月 5日

祝・御祓川大学開校!

IMG_4669.JPG

石川県七尾市にあるまちづくり会社(株)御祓川が「御祓川大学」を開校しました。
入学金無料、長く在籍する人が優等生というこの大学は、地域の人がお互いに磨き合いながら、地域の課題を解決し、そして「未来を育てるひと」を育てる学校です。

「何やそれ?」という方はHPを御覧ください。

御祓川大学HP
http://academy.misogigawa.com/


(株)御祓川と計画情報研究所とは、会社の立ち上げ時から、そして今も能登スタイルの運営パートナーとして仲良し企業の間柄。

昨日の開校記念シンポジウムには、たくさんの支援者や賛同者、懐かしい顔、いつもの顔が集まっていました。私も七尾のまちづくり経緯のプレゼンは感慨深くて涙腺が…。

そして、学びの場は、一本杉商店街にある「banco」。
この日は、交流会にて初お披露目です。

インターン生や大学生、地域の人たち、それを支える専門家が集まって、大学の企画、クラウドファウンディングによる資金調達、旧銀行のリノベーションまでを作り上げるプロセスそのものが学び合いなのだと実感しました。

ー bancoの夜は熱い ー

banco

(安江)

2015年6月 1日

イカのお祭り~

能登町小木港にてイカのお祭りイカす会!!
イカ釣り体験や掴み取り、体験航海など大賑わいでした。
イカす会_1.JPG
 
イカす会_2.JPG
イカ...おいしかった(*´ω`*)
 
(観光係・北原)

2015年3月 9日

北陸新幹線金沢開業直前!

DSC_0555.jpg北陸新幹線がいよいよ金沢まで開業します!

写真は平成27年3月6日(金)深夜の金沢駅コンコース。夜遅くまでの工事が続いています。

どきどきします。

(長江)

2014年9月 4日

海からみる景色

IMG_3951.JPG

伊根の舟屋

1階が船のガレージ、2階が居室の伊根の舟屋。
約230軒が並ぶ漁業の町。
明治から大正、昭和、平成と時代を重ね、人の生活とともに存在します。

(安江)

 

2014年4月17日

○○ライス!

IMG_3011.JPG

調査に立ち寄った福井県越前市で、「ボルガライス」を初体験!

金沢市には「ハントンライス」があり、

宝達志水町では「オムライス」が盛り上がっており、

北陸ライスめぐりができそうです。

(長江)

 

2014年3月24日

金沢の手みやげ

resize_img_6591.jpg

新しい金沢の食のお土産をつくるプロジェクト。
6月にフォーラム、7月に審査会、8/20から月1ペースで事業者勉強会を重ねてようやく本日お披露目です。

HP 金沢の手みやげ

(安江)

 

2014年2月28日

ひなまつり

IMG_2917.JPG

ひなまつりが近づくと、ようやく春を感じます。

のと鉄道七尾線の車両内に鎮座ましますひな人形にびっくり!

穴水までご一緒しました。

(長江)

 

2014年2月24日

小羽の「ふれあいそばまつり」に行ってきました。

富山市の小羽(旧大沢野町)で行われた「小羽ふれあいそばまつり」(2/16)に行ってきました。

そばは地元の方たちが作るゆでたての一品。コシがあってしこしこつるつる。かぐわしく、清々しいおそばでした。1年に1度しか食べられないのが残念でなりません。

そば粉お好み焼き(なんと100円)も絶品でした。

 

DSC_0516.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0518.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は、廃校になった地域の小学校です。地域の農家さんが集まって組織している農業生産法人小原営農センターが作っている絶品の納豆、豆腐、お餅なども購入でき、かなりエキサイトしました。

太鼓、津軽三味線の演舞が行われ、地域の文化祭のようです。

DSC_0514.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

小羽は春にはタンポポが満開になり蝶が飛ぶ夢のような風景を見ることができ、かなりスピリチュアルなそうです。美味しいモノが多くて、自然も豊か。不思議な魅力にあふれる地域です。

地名に「羽」が付くところは、UFO伝説があるそうです。なるほど。

(金岡)

2014年1月21日

奥能登・冬のイベントバス運行!

IMG_2619.JPG

平成26年1月19日(日)の能登町宇出津「寒ぶり祭り」当日、のと鉄道穴水駅や輪島特急穴水此木バス停と会場を結ぶイベントバスを運行しました。

イベントバス運行で、金沢や七尾方面から、日帰りで宇出津と往復できるダイヤがはじめて実現!金沢や白山市方面からご利用いただきました。当日は雪が激しかったので、自分でクルマを運転しなくてもよかったのは安心でした。

2月23日(日)の「食祭珠洲まるかじり」(珠洲市)でも運行される予定です。

金沢からお昼前について、美味しいご飯をたべて、お土産買って帰ろうかな。

今度は昼からお酒飲んじゃおうかと算段中です。

※珠洲まるかじりイベントについてこちら↓

http://www15.ocn.ne.jp/~suzucci/

※イベントバスの詳細情報はこちら↓

http://kankounavi.city.suzu.lg.jp/open_imgs/event/0000005929.pdf#search='%E7%8F%A0%E6%B4%B2+%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%98%E3%82%8A+%E3%83%90%E3%82%B9'

(長江)

 

2013年11月 7日

高岡 新幹線フォーラム

新幹線チラシ.jpg高岡で新幹線開業をテーマとする市民フォーラムが開催されます。高岡商工会議所青年部のご努力で、『観光会議きゅうしゅう』の編集長を務められていた木村宏美さんをお呼びします。

私はコーディネーターを務めます。来場いただいた方に、開業に向けた行動を喚起できればと思います。興味のある方はぜひ会場に足をお運びください。                   (米田)

2013年10月20日

撞(つ)かずの鐘

IMG_2425.JPG

昨日はNPOたいとう歴史都市研究会の椎原晶子さんに、金沢の重伝建の一つ、寺町のご案内しておりまして、そのお散歩中、高岸寺へ。

金沢市有形文化財の鐘楼堂の中を見せてもらいましたよ。(ハシゴにのぼって…)

鐘楼堂の修復にあわせて戦時中供出された鐘を復元してこの度完成!

高岸寺は寺町の高台にあって金沢城が見えます。藩政期、有事の際は高岸寺が鐘を撞くことになっていたのですが、未だ撞いたことがないので「撞かずの鐘」と呼ばれているのでした。

(安江)

 

2013年10月14日

見附島ヤッホー

IMG_2207.JPG

珠洲の新しい展望台からの眺め。

見附島に向かって、ヤッホー!(長江)

 

 

2013年5月16日

御車山祭

御車山.jpg5月1日、高岡では御車山祭が行われる。ご縁があり息子たちが山車に乗り込む花警護として参加した。

全国の曳山祭の原型は京都の祇園祭であり、鉾に悪霊を宿らせることで諸国の穢れを祓う御霊会が起源である。御車山祭の山車(やま)にも鉾がたてられており、それを巡行させることで町の穢れを祓い、厄災に対する町の安全を願うのである。

柳田國男がいうように、都市において祭は神事から、見物客を巻き込んだイベントへと変化する。柳田はそれを「祭礼」と呼んだ。富山県西部地域には数多くの曳山祭がある。伏木、城端、新湊、石動、大門、福野・・・。同じ曳山でも、各都市の町衆の気質が、祭礼化と結びついており興味深い。伏木では山車がぶつかりあう「かっちゃ」と呼ばれるケンカが最大の見どころであり、城端では庵唄やカラクリ人形の演舞など情緒性が高い祭礼に仕上がっている。

それでは御車山祭はどうかと考えると、神事としての性格を強く維持している祭といえる。派手な演出は無いが、町衆が自分たちの町の安全、発展を願う思いが貫かれており、格式の高さを感じさせる。見物客にとっては物足りないかもしれないが、主役である町衆達はあまり気にしていないようだ。私はそれが高岡らしさであり、これからも保ち続けてほしい気質であると思っている。

2013年3月18日

あと13日

IMG_1576.JPGのサムネイル画像

あれれ、カウントダウンカレンダーの数字と違いますね。今年に入ってから無料化が半日早くなったのでした。

有料から無料の切り替えは、東急東横線渋谷駅の移転並みに大変とか・・・(笑)

無料化になると能登がいっそう近くなりますね。料金所の建物は無人でしばらく残るので追突しないようご注意を!

(安江)

 

 

 

2013年3月11日

北投の熱気!

resize_img_1477.jpg

台北は25度超えの中、北投温泉の地熱谷の熱気でフラフラです。(安江)

 

2013年3月 5日

大連ランチ

resize_img_1204.jpg

『はじめ人間ギャートルズ』に出てくる、あこがれの骨付き肉ミニチュアサイズですかね・・・
(安江)

 

2013年3月 4日

霧?の大連

resize_img_1224.jpg大連の路面電車はスモッグのせいでしょうか、ロマンチックに見えます・・・(^_^;)
(安江)

2012年12月22日

あと100日

IMG_0902.JPG無料化まであと100日!
4/1から「のと里山海道(のとさとやまかいどう)」と呼んでください。(安江)
 

2012年12月 6日

柏の葉スマートシティ視察してきました

udck.jpg高岡商工会議所「柏の葉スマートシティ」視察に同行させていただきました。

つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅周辺の区画整理事業において、公・民・学が連携し環境共生都市(スマートシティ)を開発しています。

建築物や住宅、生産現場が省エネと創エネを行うとともに、それを地域でつなげてマネジメントするAEMSがシステムの核になります。

syokubutukoujyou.jpgさまざまな主体が連携するためにUDEC(アーバンデザインセンター)が力を発揮していました。ここはシンクタンク機能、連携機能を持ち、社会実験の計画、調査から、デザイン協議、イベントまで地域のコミュニケーションの核として機能していました。

千葉大学の植物工場。7つのコンソーシアムがそれぞれの工場を運営しています。

世界中で展開されているスマートシティ開発のデファクト・スタンダードを目指しています。

(米田)

 

 

 

 

2012年10月 6日

新幹線開業効果

かつおせんべい.jpg10月5日、高岡で「開業効果について考える」と題したパネルディスカッションに参加。

鹿児島県枕崎のパネリストの話は、北陸新幹線金沢開業の未来を如実に物語っていました。

個人的に感じる変化、①遠い地域が身近に(博多~鹿児島が1時間半)、②鹿児島中央駅周辺が劇的に発展(対して天文館エリアは苦戦)、③枕崎には恩恵がない(駅が無くても観光列車のある指宿はたいへんな賑わい)

会社としての変化、①本業である魚の卸を活かしたお土産開発(写真)、②地域おこしとビジネスの関係をもっと考えたい。

枕崎といえば、かつお節の生産日本一。茹でて冷ましただけの「なまり節」から始まり、燻製した「荒節」、さらに麹菌をつけ熟成させた「本枯れ節」。手間を惜しまずつくられた「本枯れ節」を生地に練りこんだおせんべい。確かに風味が凄い!鹿児島のお土産に欲しくなる逸品です。

他にも、かつお節の工場見学、削りたての「本枯れ節」で作るお茶漬けなど、訴求効果の高い素材がいっぱい。新幹線で「どかん!」とブレイクしなくても、もういちど自分たちのいいところを見つけて、ゆっくり育てていく。そんなやり方がいいのかな、なんて考えさせられました。(米田)

 

2012年8月31日

稲刈り

たんぼ.jpg夏もかなしいかな、もうじき終わりです。
新米でおにぎり食べたい!
(藤井)

2012年8月23日

武生中心部の土蔵

くらみせ0.jpg武生中心部に行ってきました。中心部全体に土蔵が多く残っており、現代的な再生が行われた土蔵、新築の土蔵風建築物もいくつか見ることができました。

「札の辻」を中心に商業が栄え、物資保管のための蔵が立ち並んだ歴史を考えると、有名な「蔵の辻」のコンセプトは、さすがによく練られていると感じます。(米田)

 

くらみせ15.jpgのサムネイル画像くらみせ1.jpgのサムネイル画像

2012年8月13日

金屋町を歩いてきました

kanaya2.jpg高岡の仕事の後、金屋町を歩いてきました。

重伝建の指定は確実視されています。金屋で創作活動をしたいという人も増えており、観光交流の拠点にとどまらず、21世紀型の産業拠点としての再生が望まれる場です。

左下の写真は2000年まで使われていたキュポラ(溶鉱炉)です。左下の写真のようなギャラリーも増えつつあり、これからの魅力向上が期待されます。

山町と金屋町というふたつの重伝建地区を核に歴史を活かした新しいものづくりの街として、発展の方向性があるように感じます。

(米田)