業務実績

平成28年度 (2016年度)

交通システム計画

金沢都心軸交通環境改善調査業務委託(交通実験実施協議会)

武蔵や香林坊・片町地区など金沢の繁華街を貫く都心軸は、自動車やバスなど日常交通や観光交通が集中し、交通の円滑化が課題となっていた。このため今年度は2つの実験を実施し、効果把握のための調査・分析を行った。バス停車・発進スペースの拡大により、武蔵地区において円滑な交通を確保するために実施した「めいてつエムザ前タクシーベイ及び武蔵ヶ辻・近江町市場バス停の移設実験」ではバスや自動車の走行性向上が見られた。遵守員配置や看板設置の効果を把握するために実施した「バス専用レーン遵守率向上対策」では、遵守率の向上が確認できた。今後は実験の結果想定される改善策を関係機関と協議し、本格実施の検討を行うこととなった。

地鉄本線西魚津宇奈月温泉間増発社会実験効果検証業務(富山地方鉄道株式会社)

富山地方鉄道における西魚津宇奈月温泉間は沿線自治体の補助を受け、増発社会実験を行っている。本業務では、宇奈月温泉駅においてアンケート調査を行い、新幹線開業後2年目の利用特性及び鉄道へのニーズ把握を行うとともに、ICカードデータを用いた利用特性の分析から、増発の効果把握を行った。

道路利用満足度調査業務委託(石川県)

県内道路の利用者を対象に、道路満足度のアンケート調査を実施し、道路環境に対する改善点や評価の意見抽出等を行った。また、調査の項目や箇所毎にコード化及びDB化を行い、意見を経年で比較分析できるようにした。

駅・バス停別利用促進啓発事業業務委託(富山市)

沿線人口が多いにもかかわらず、公共交通の利用が少ない地区の特定の駅やバス停を対象として、戸別訪問や公共交通の利用促進、自動車の利用抑制を図るTFPアンケート、及びバス停路線図・時刻表の配布などのコミュニケーションを通じて、公共交通の利用促進を図った。また、事業期間(平成28〜30年度)において、効率良く効果を挙げられるモビリティ・マネジメント手法を標準化し、事業終了後、交通事業者が自主的に営業活動をできるよう、効果や手法の分析を行い、今後の改善点の提案を行った。

路面電車南北接続に係る運行及び運営形態等検討調査業務委託(富山市)

路面電車の南北接続(地鉄市内電車と富山ライトレールの富山駅停留場における接続)においてLRTネットワークの利便性を高め、利用者の増加を図ることを目的に、運行形態、利用料金、需要等の検討を行った。富山地鉄、富山ライトレール、富山市の三者により検討会を組織し、実務者がワーキング会議を開催し各討項目に対する協議を進めることに関し支援を行った。また、利用状況を把握するため、市内電車、富山ライトレールの全利用者を対象にOD調査を実施し、利用目的、利用時間帯、乗継状況の分析を行った。

砺波市営バス再編計画検討業務(砺波市)

北陸新幹線等開業影響調査業務委託(富山市)

平成28年度コミュニティバス乗降調査等業務(野々市市)

平成28年度城端・氷見線利用実態調査業務委託(城端・氷見線活性化推進協議会)

新高岡駅利用促進に関する調査(新幹線まちづくり推進高岡市民会議)

道路利用満足度調査業務委託(その3)(石川県)

都市・地域マスタープラン

内灘町観光ビジョン策定支援業務委託(内灘町)

「内灘町総合計画」及び「内灘町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を受けて、内灘町の観光資源を活かし「交流人口の拡大」「地域経済の活性化」を目指す「内灘町観光ビジョン」の策定を行った。観光ビジョンにおいては、ビジョンや基本方針の策定のほか、重点的に整備を行う5つの観光拠点を設定し、今後取り組む施策や事業に関する検討を行い、とりまとめを行った。

広域交通ネットワーク構築調査業務委託(金沢市)

本調査は、石川中央都市圏(金沢市、白山市、かほく市、野々市市、津幡町及び内灘町)を形成する4市2町による広域連携を目指す「石川中央都市圏ビジョン」に基づき、地域公共交通の充実に向けた広域交通ネットワークの構築を目指し、「周辺市町におけるP&R駐車場設置」及び「既存コミュニティバスの金沢市への乗り入れ」の調査、検討を行った。P&R駐車場については候補地257ヵ所(5,707台分)をリストアップし、利便性や効果・効率性、確保のしやすさなどの指標により必要性、必然性を定量化し、平成44年までの整備優先順位の設定を行った。

平成28年度地方創生推進交付金 バリアフリーマスタープラン策定事業支援業務委託(中能登町)

中能登町では、新たなまちづくり戦略として、障がい者や高齢者にやさしい観光やまちづくりを一体的に推進することで、あらゆる人が幸せを享受できるバリアフリーなまちを目指している。障がい者や高齢者、妊婦、子ども、外国人など、様々な心身の特性や考え方を持つ人々が互いを理解すること、互いに何がどのような障がいになっているのかを知ること、さらにその障がいを解消しようと思い行動する「心のバリアフリー」を進めることを目指すべき大きな柱とし、関係者のヒアリングや町民アンケート調査、施設の現況調査などを行いながら、今後の取り組むべき基本方針であるバリアフリーマスタープラン策定を行った。

都市・地域の活性化プロジェクト

平成28年度社会資本整備総合交付金 小木地区都市再生整備計画事業 高次都市施設整備計画設計業務(能登町)

能登町小木地区において都市再生整備計画に位置付けた「イカの駅」の検討を行った。「イカの駅」は、小木港の特産である「小木イカ」及び小木に伝わるイカ料理を発信する拠点であり、九十九湾観光の再生機能をもつ観光交流拠点である。入込客数を想定し、イカのレストラン、直売所、観光案内、駐車場等の必要面積を検討し、平面プランを策定した。また、標準的な収支を計算するため、全国の道の駅のデータ等を参考に、入込客数、一人当たりの消費単価を仮定し収入を算出するとともに、人件費、施設使用料、仕入れ等の費用を試算した。今後、本プランを基に、実施設計、運営主体の形成に進む予定である。

都市計画道路 河井横地線街路整備工事(防災・安全)(設計)業務委託(石川県)

都市計画道路の拡幅に伴い、沿道の街並み景観の向上、賑わいの創出を図ることを目的に住民主体の「まちづくり協定」の策定を支援した。当該地域は輪島の中心部(朝市、商店街)へ向かう主要道路であるが、居住系の土地利用であることから比較的厳しくない景観ルールにしながらも輪島らしさが創出されるよう協定項目を検討した。また、沿線住民の方に理解して頂くため、説明会の開催、まちづくりニュースの発行を通じ、内容の浸透を図った。

宝のまちブランド推進事業(宝達志水町)

 宝達志水町は、豊かな自然環境を有した金沢市近郊への通勤圏内の町であり、暮らしやすさでは若い世代を中心とした定住増加の可能性を含んでいる。一方、町自体の知名度が低く、魅力要素の訴求性が弱いこともあり、人口が減少している。本事業においては、生活コスト比較、町民アンケート再分析やヒアリングを実施。町の現状と課題を客観的・主観的に分析し、「町民視点」「町での暮らし」に重心を置くブランディングコンセプト及び戦略を提案・構築した。本年度はロゴ、スローガン、ビジュアルイメージの制作、町民同士ハブ機能としての場(Webサイト等)の運営及びコンテンツ制作を行い、町の暮らしを楽しくする活動を開始した。

珠洲市地域再生計画策定業務(珠洲市)

珠洲市における「ひと・まち・仕事創生総合戦略」の実施に向けた地域再生計画を検討することを目的に、珠洲市における政策理念の整理、都市部、地区、集落等における目指す姿の検討、実施すべきプロジェクトの体系化を行った。珠洲市においては、世界農業遺産(GIAHS)に認定された里山里海を背景に、自動車の自動運転社会実験や奥能登国際芸術祭の開催などのプロジェクトが進められており、伝統と革新が相互連携し日本一幸せを感じられる地域を目標とする地域政策のストーリーの提案を行った。

スローツーリズム・モデル地区形成基礎調査業務(石川県)

2305_2.jpg

 石川型スローツーリズムについて、里山里海景観形成に係る基礎調査と農家民宿等里山里海滞在に関する今後の目指す姿について検討したものである。 里山里海景観形成については、旅行者が滞在する農家民宿群の周辺を中心に、現地調査を行い、景観阻害要因の事例の抽出と対処方法を提案した。農家民宿等里山里海滞在に関する方向性の検討では、学校旅行・インバウンド・国内旅行者ニーズにについて分析し、石川型スローツーリズムの目指すべき姿についてとりまとめた。

平成28年度社会資本整備総合交付金 小木地区都市再生整備計画事業 企画業務(能登町)

金沢市都市再生整備計画事業モニタリング業務委託(金沢市)

施設計画・土地利用計画

平成28年度能登町公共施設等総合管理計画策定支援業務(能登町)

公共施設等の老朽化対策が大きな課題となっており、地方公共団体においては、厳しい財政状況が続く中で、今後、人口減少等により公共施設等の利用需要が変化していくことが予想されることを踏まえ、早急に公共施設等の全体の状況を把握し、長期的な視点をもって、更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより、財政負担を軽減・平準化するとともに、公共施設等の最適な配置を実現することを目的に策定した。 今後40年間に必要となる投資的経費の予測とインフラ系公共施設の長寿命化などのほか、建築系公共施設の延床の縮減を基本とした計画となっている。

ITビジネスプラザ武蔵にかかるインキュベーション施設事例調査業務(金沢市)

金沢市にあるITビジネスプラザ武蔵の交流スペース改修に伴い、さらなる利用者増加にむけた運営体制の構築のための先進事例調査を行った。他都市における8施設に関し、施設概要・対象者・設立年月・設置主体、運営団体、選定方法、運営委託期間、運営体制及びプロフィール、行政との関わり方、常駐体制、一般に対する支援内容、入居者に対する支援内容等、施設運営体制を調査するとともに、各施設の特色や独自の取り組みを整理した。

中能登町公共施設等総合管理計画策定支援業務(中能登町)

地方公共団体は、これまでさまざまなニーズに対応するため、公共施設等の整備を進めてきた。しかし、厳しい財政状況の中で今後の公共施設等の維持管理に係るコストの増大が全国的に問題となっている。中能登町においても、財政負担を平準化するとともに公共施設等の最適な配置を実現することが必要となっており、本業務において、現況把握や課題の分析を行い、公共施設等の管理に関する実施方針の策定支援を行った。

都市計画道路 釜屋谷塚田線街路整備工事(設計)業務委託(石川県)

主要地方道輪島富来線 地方道改築6類工事(設計)業務委託(石川県)

平成28年度 地すべり対策事業 七尾東部第2地区 百海工区 機能保全計画策定業務(石川県)

平成28年度小布施町公共施設等総合管理計画策定業務支援委託(小布施町)

平成28年度 社会資本整備総合交付金 小木地区都市再整備計画事業 町道2級小木2号線 道路設計業務(能登町)

石川県水道用水供給事業 送水管埋設工事(設計)業務委託(金沢−2−45)(石川県)

平成28年度 都市計画道路駅山手線周辺整備計画検討業務(能登町)

産業振興・マーケティング調査

平成27年度地方創生加速化交付金 繊維でみんなが動き出せるサイクルを作る事業推進支援業務委託(中能登町)

2255_2.jpg

  「中能登町まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、基盤産業である繊維産業を活性化し外貨を稼ぎ、雇用の維持・拡大することを目標に掲げている。そのための具体的な施策として、町内の子ども達に繊維産業を知ってもらうという課題を解決するインターンシップの受け入れの支援と繊維事業者間の情報交換の場となる「交流・相談サロン」の開設支援を行った。

いしかわ里山振興ファンド評価調査業務(いしかわ里山づくり推進協議会)

「いしかわ里山創成ファンド」(平成23年5月に石川県と地元金融機関で創設した総額53億円の基金)の運用益を活用した事業を対象に、事業の取組状況、成果、課題、今後の方向性についてとりまとめた。アンケート調査、ヒアリング調査結果を踏まえ、里山創成ファンド採択事業者の地域への波及効果、事業の成功・失敗の要因、支援方法の改善等を評価し考察した。

平成28年度 七尾港原木長期保管実証実験業務委託(七尾港整備・振興促進協議会)

2298_2.jpg

 七尾港において、国際貨物である原木の保管環境の確立を目指す実証実験を行った。土場貯木における課題として、木材の乾燥が挙げられており、スプリンクラー散水による乾燥対策の有効性を天候データや含水率などから検証を試みた。スプリンクラー散水による原木保管の有効性が認められることで、原木の取扱い量の増加につながり、七尾港が拠点港となることを目指している。

金沢一期一会コーディネート業務(一般社団法人金沢市観光協会)

介護予防・日常生活圏域ニーズ調査業務委託(金沢市)

いしかわ里山振興ファンド事例集作成業務(いしかわ里山づくり推進協議会)

新たな政策ニーズの提案

富山市における雪対策のあり方検討業務委託(富山市)

人口減少・高齢化などによる地域力の低下が懸念される中、日本屈指のドカ雪地域である富山市でも降雪日数は減少し、除雪の主な担い手である建設業者が除雪業務離れ、オペレーターの不足などにより、市として機械を確保する必要性が高まり、除雪固定経費の上昇が財政を圧迫している。こうした現状を踏まえ、将来を見据えた持続可能な除雪体制のあり方を検討したものである。 雪対策への市民満足度は極めて高く、この状態を維持していくことも要望している中、いかに市民が納得のいく体制で除雪水準を見直していくかが重要なポイントとなる。

「域学連携」による地方創生セミナー開催支援業務(能登キャンパス構想推進協議会)

2280_2.jpg

 奥能登の2市2町と県内4大学で構成する能登キャンパス構想推進協議会では、奥能登各地を大学のキャンパスに見立て、地域の課題に取り組む研究活動や地域貢献活動で地域の活性化を目指す事業を実践している。こうした「域学連携」をテーマに、県外事例を知るとともに受け入れ側の自治体職員どうしの交流を通じて、これからの域学連携を推進するポイントを学び合うことを目的にセミナーを開催した。業務では全体の企画、運営及び当日のファシリテーションを行い、次年度以降の課題についてもとりまとめた。

平成28年度 金沢版DMO構築支援委託業務(一般社団法人金沢市観光協会)

一般社団法人金沢市観光協会がDMOとしての役割を果たすためには、これまで一般社団法人金沢市観光協会が担ってきた機能に加え、「マーケティング」や「観光地域づくりのマネジメント」という企業経営の要素が必須になることから、組織としての役割やめざすべき体制を明確化するため「金沢版DMO経営戦略」を策定した。一般の民間の経営計画と同様、DMOのビジョン、ミッション、バリュー及び実施事業とKPIを定めるとともに、平成32年度の組織体制や人材育成目標、PDCAのためのマーケティング会議の設定を提案した。

PR(広報・キャンペーン等)や市民協働型会議支援

平成27年度 地域少子化対策重点推進交付金 中能登町結婚推進強化事業業務委託(中能登町)

 「中能登町まち・ひと・しごと創生総合戦略」における『子育て環境づくり「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」』における結婚推進事業として実施するものであり、若い世代の出会いの機会の確保するためのイベントや勉強会を企画運営した。また、出会いをコーディネートする結婚推進員のスキルアップのための講座も企画運営を行った。

高校生向けふるさと就職セミナー啓発リーフレット作成業務委託(石川県人材確保・定住推進機構)

2261_2.jpg

 県内高校生の半数が大学に進学し、その6割が県外に進学する中、大学進学後の県内就職を促進するためには、高校在学中から石川での就職を意識してもらう必要があることから、進学する高校生向けに、県内企業の魅力や石川の働きやすさ、暮らしやすさをわかりやすく紹介するリーフレットを制作し配布した。

いしかわの道パンフレット検討業務委託(石川県)

石川県が実施した道路施策に関する資料等を収集・整理し、整備効果を取りまとめた。また、収集・整理した情報を基に、石川県民・行政関係者への「石川県の道路行政の広報」に必要な「いしかわの道」パンフレットの内容を検討し、平成29年度版への更新を行った。さらに、道の駅・寄り道パーキング等の既存道路施設について、観光誘客を目的とした利活用方策を検討し、提案を行った。

住民主体のまちづくり事業資料作成業務委託(公益財団法人いしかわまちづくり技術センター)

2290_2.jpg

 いしかわまちづくり技術センターでは住民参加で積極的なまちづくりを行う団体の支援を行っている。本業務においては、支援を受けた活動団体の報告の場であるまちづくりリーダー研修会の開催準備や開催記録の作成及びアンケートの集計・分析を行うとともに、「住民主体のまちづくり事業」の報告書作成を行った。

兼六園めぐりガイドツアー運営(協同組合兼六園観光協会)

金沢版交通環境学習(発展版)出前講座支援業務委託(金沢市)

能登GIAHS紹介パンフレット改訂版 デザイン・印刷業務委託(能登地域GIAHS推進協議会)

平成28年度富山市のりもの語り教育推進事業支援業務委託(富山市)

新幹線まちづくり推進高岡市民会議運営支援業務(新幹線まちづくり推進高岡市民会議)

ページトップへ