業務実績

平成25年度 (2013年度)

交通システム計画

富山駅北口駅前広場交通需要調査等業務委託(富山市)

富山市では新幹線開業に向け、富山駅の周辺整備計画が進められている。本業務は、新幹線開業後の整備となる北口広場を対象に、必要な交通機能の検証を行うものである。具体的には、平常時の交通広場の利用状況として、路線バス、貸し切りバス、高速乗合バス、タクシー、一般車の発着や待機状況を調査するとともに、観光ピーク時の大型バスの発着状況を現地にて把握し、そこから将来的に必要なバース数の検討を行った。

平成25年度小布施町地域公共交通調査等業務委託(小布施町)

小布施町では、高齢者の移動支援を目的としたコミュニティバスの運行を行ってきた。平成24年度に利用者ニーズに基づいた3コースでの実証実験を行い、多くの利用が見込まれる1コースについて、平成25年度、再度実証実験を行い、利用者ニーズを把握するとともに本格導入に向けた検討を行った。また、観光客を対象とした循環バス、移動支援を目的としたタクシー利用助成券など、町の公共交通に関する課題を検討した。

都心部公共交通環境検討業務委託(石川県)

公共交通街なか感謝デー(市内電車無料化)事業効果等予測業務(株式会社まちづくりとやま)

市内電車環状線化整備効果把握調査業務委託(富山市)

金沢都心軸交通環境改善調査業務委託(交通実験実施協議会)

都市計画道路金石街道線(本町)街路工事(設計)業務委託(交差点解析)(石川県)

北陸信越運輸局管内における公共交通事業の官民連携のあり方検討な係る基礎調査業務(北陸信越運輸局)

地域の公共交通を持続的に確保・維持して行くための適切な官民連携手法のあり方を検討するため、現在の公共交通事業に係る行政や交通事業者の関わり方の実態、問題点等について、北陸信越運輸局管内における自治体アンケート及び自治体ヒアリング調査を実施した。官民それぞれの役割分担について、先進的な取組事例、公共交通事業についての官民連携に係る仕組み、それに対応した支援措置について検討するとともに、各地域におけるコミュニティバスのデータを基に「コミュニティバス運行指針」及び「時刻表作成の手引き」をとりまとめた。

観光期交通影響調査業務委託(パークアンド・バスライドシステム実行委員会)

平成25年 高岡未来トランスポート ビジョン検討支援業務(2○14新高岡協議委員会)

平成25年 高岡未来トランスポート ビジョン検討支援業務 新幹線開業後の高岡市の交通ビジョン、土地利用ビジョンについて、高岡市内の5つの青年団体と連携し、協議を重ね提言の策定を行った。特に今年度は、平成24年度からの検討内容をまとめるとともに、主要事業として位置付けている路面電車の延伸計画に対し、広く市民の意見を求めるアンケート調査を実施した。またビジョンの検討段階で派生した空き家対策プロジェクトについては具体的な空き家活用を進めている。策定したビジョンに関しては高岡市長をはじめ関係各課に対しプレゼンテーションを行うとともに、今後の連携方法に関し合意することで、一定の成果を生み出した。

平成25年度不二越・上滝線増発社会実験(夕既存増便)効果把握業務(富山地方鉄道株式会社)

JR高山本線乗降調査業務委託(富山市)

平成25年度地鉄本線西魚津〜宇奈月温泉間増発社会実験効果把握業務(富山地方鉄道株式会社)

平成25年度 木の浦線再編検討支援業務(珠洲市)

平成25年度 木の浦線再編検討支援業務 人口減少・過疎化が急速に進行する能登半島先端部で運行されるバス路線を、持続的に運行するため、必要とされるダイヤ編成や必要車両数・人員数を検討しながら、地域人材・事業者の活用による運行体制の検討を行った。検討にあたっては、地域交通事業者などからなる検討会議を開催し、将来の実現化に向けた協議を行った。

野々市市地域公共交通確保維持改善対策調査業務委託(野々市市)

野々市町内を運行する循環バス「のっティ」の利用促進策を提案し、利用促進策の実施後、効果を把握し改善策の提案を行った。また、シャトルバス「のんキー」については、現在の利用者の利用実態と利用ニーズの把握を行い、改善策の提案を行った。

主要地方道金沢井波線バス運行調査業務委託(南砺市)

主要地方道金沢井波線の改良工事の完成が近づいたことから、南砺市と金沢市を結ぶ新しい路線バスの運行に対し住民の機運が高まりをみせていた。南砺市では平成25年度に住民アンケートを含む基礎調査を実施しており、今年度は基本方針に基づく具体的な運行方法の検証を進めた。本業務では、富山県、石川県の主要なバス事業者との協議を支援するともに、新幹線開業にタイミングを合わせた路線運行計画の策定、費用の試算、運行までのスケジュールの検討、運行業者選定のプロポーザル内容の検討を行った。

まちなかゾーンバス走行交通環境調査業務委託(金沢市)

都市・地域の活性化プロジェクト

博物館建設に係る市民有識者検討委員会支援業務委託(七尾市)

七尾市各地に点在する貴重な自然資料、埋蔵文化財資料、歴史資料、民俗資料などを適正に管理・収蔵して、後世へと確実に継承するとともに、それらの資料を、教育や地域づくりなどに活用するための施設の建設を、市民公募委員や有識者などからなる検討委員会を立ち上げて、施設のあり方や具体的な建設地、今後の議論の進め方を検討し、「博物館構想」としてとりまとめた。

平成25年度 見付海岸周辺再編検討業務(珠洲市)

平成25年度交流イノベーションによる世界農業遺産の維持・活用プラン策定調査業務(珠洲市)

内閣府「特定地域再生事業」の支援をうけ、能登半島先端部の珠洲市と能登町が連携し、北陸新幹線開業をみすえた二次交通の整備と世界農業遺産構成要素である「生活文化」を活用した新たな地域の魅力づくり(観光商品開発など)を同時に行い、奥能登で交流イノベーションを引き起こす取り組みである。平成25年度は地域再生計画を策定するとともに、地域の交通事業者、観光および商業事業者、行政とが連携する体制をととのえ、実施体制への移行を支援した。

兼六園ブランディング研究会支援業務(協同組合兼六園観光協会)

能登の里山里海景観保全基準策定等業務委託(石川県)

能登の里山里海景観保全基準策定等業務委託 世界農業遺産に指定された能登の里山里海景観を保全するため、2つの内容を行った。一つは広域的なルールの見直しである。能登の沿岸部を里山里海風景軸と定め、景観特性の整理を基に色彩等の基準を検討し、景観基準の改正案を策定した。もう一つは景観上重要な地区の住民合意に基づくルールづくりである。珠洲市日置地区及び羽咋市神子原地区において住民と協議を重ね景観形成重点地区の指定を受けるための景観ルールの策定、合意形成の支援を行った。このうち日置地区においては平成26年3月に指定の運びとなった。

都市計画道路釜屋谷塚田線 街路工事(設計)業務委託(石川県)

都市計画道路釜屋谷塚田線の整備にあわせ、沿道景観の向上、沿道商店街の活性化を進めた。景観面では、住民の合意により景観ルールを策定し、それに基づき建て替え計画のある建築物の景観審査会を開催し、統一感のある街並み形成の支援を行った。沿道商店街活性化の面では、商店街のまちづくり委員会を協議の場と位置づけ、地元の市やイベントが行える広場計画の検討、輪島温泉郷の総湯誘致の協議を進め、平成27年度に社会実験を行うための計画策定を行った。

宝達志水町観光情報発信業務(宝達志水町)

宝達志水町観光情報発信業務 これまで観光地としての情報発信をしてこなかった自治体において、埋もれた地域資源を発掘し、魅力的な物語情報として編集・発信することで、認知度を高める取り組みである。町のシンボルである宝達山に焦点をあてた平成24年度に続き、平成25年度は、かつての金鉱跡とそこで培われた土木技術、それらを伝えたキリシタン高山右近の謎など、加賀前田藩を支えた先人の歴史を中心とした物語を編集し、パンフレットにとりまとめた。

「能登再生フィールド学」構築・実践プロジェクト事務局運営支援業務(「能登再生フィールド学」構築・実践プロジェクト実行委員会)

平成25年度 金沢マラソンコース沿道景観向上に関する調査業務委託(金沢市)

平成27年秋に開催されるフルマラソン「金沢マラソン」のコースについて全国でも珍しい「景観アセスメント(環境影響事前評価)」を行い、ランナーが気持よく走ることができる沿道景観向上に関する提言をとりまとめた。現地調査には360度カメラを搭載した走行車両を用いることで、委員会でもマルチビジョン動画による再現性の高い現場確認に役立った。

施設計画・土地利用計画

平成25年度 金沢らしい夜間景観保全整備計画策定業務委託(金沢市)

平成25年度 金沢らしい夜間景観保全整備計画策定業務委託 金沢市では夜間景観形成条例により市内の夜間景観を誘導してきたが、さらなる金沢らしい夜間景観を創出することを目的に、夜間景観形成重点区域を設定し市内4箇所のモデル路線での照明デザイン及び照明実験、7回の委員会を開催した。これらに基づき、金沢らしい夜間景観のあり方や歴史的景観保全区域における照明ガイドライン等を検討し「金沢夜間景観整備計画」を策定した。計画では、空間スケールや場所性の把握、景観資源の抽出出の設計理念と照明による演出方法に関する内容や、色温度、演色性等照明要件についてより踏み込んだ数値設定を行っている。

都市計画道路府中七尾駅線 県単街路工事(設計)業務委託(石川県)

主要地方道能都内浦線 地方道改築工事(設計)業務委託(石川県)

主要地方道輪島浦上線地方道改築工事(設計)業務委託(石川県)

一般国道249号 外 県単道路改良工事(設計)業務委託(石川県)

産業振興・マーケティング調査

金沢 食のお土産プロジェクト 勉強会運営業務(金沢市販路拡大調査研究会)

金沢 食のお土産プロジェクト 勉強会運営業務 北陸新幹線金沢開業に向け、魅力的な食のお土産づくりを行うデザインプロジェクトの勉強会を運営した。キックオフフォーラムの開催、事業者審査会を経て、金沢に店を構える8店による暮らしに溶け込んだ金沢らしさを伝えるものづくりへの取組を勉強会方式で運営支援した。あわせて市内百貨店、首都圏店舗での販売会や完成商品の発表会等もコーディネートしている。特に魅力的な商品づくりのために、個別訪問、デザイナーとのマッチング会も行いながら、商品のブラッシュアップ、VI、販路開拓等を支援した。

加賀市の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業 モニターツアー実施事業((一社)加賀市観光交流機構)

官民協働した魅力ある観光地の再建・強化事業「金沢プレミアムほんものの工芸にふれる旅」に係る調査業務 一式(北陸信越運輸局)

官民協働した魅力ある観光地の再建・強化事業「金沢プレミアムほんものの工芸にふれる旅」に係る調査業務 一式 全国で78地域が採択された観光庁事業である。金沢市には、江戸時代の加賀前田家による文化奨励策によって繁栄した、加賀友禅、金沢漆器、金沢箔、大樋焼など、20を超えるさまざまな伝統工芸の「ほんもの」が今も暮らしの中に息づいている。2015年春の北陸新幹線金沢開業に向け、これまでのエスコート型旅行商品造成では難しかった、名匠や地元工芸界で活躍する作家の工房を訪ねる特別な旅行商品「金沢一期一会 金沢プレミアム」のモニターツアーを造成実施した。実施にあたっては、観光と伝統工芸に携わる関係者がタッグを組むことで、富裕層の心を捉えるプレミアムなツアーを工夫している。観光関係者を対象とした工芸体験ワークショップの実施や、首都圏での代理店セールス、プロモーションイベント、観光庁主催「タビカレ学園祭」への出展等の事業支援を行った。また、クラフトツーリズムコーディネートの構築のための調査、事業支援も行った。

平成25年度 金沢市教育旅行誘致支援業務委託(金沢市観光協会)

金沢古地図めぐり文化遺産モニターツアー業務委託(金沢市観光協会)

金沢古地図めぐり文化遺産モニターツアー業務委託 北陸新幹線金沢開業に向け、金沢の歴史を感じながらまち歩きができる「金沢古地図めぐり」パンフレットを作成し、首都圏からのモニターツアーを実施した。地図は幕末期の古地図のみで現代の地図は使用していないが、現在も残る藩政期の町割りを十分楽しんで頂くよう工夫している。北陸大学長谷川孝徳教授の指導のもと、古地図独特の読み方や、見所の写真と解説、ボランティアガイドの申し込み先等も掲載している。

加賀藩主御前料理の復活による加賀料理のブランド化・発信プロジェクト(金沢学院大学 市島研究室)

加賀藩主御前料理の復活による加賀料理のブランド化・発信プロジェクト 新幹線開業時の首都圏からの誘客に向け、加賀料理を正統な「加賀藩主の御前弁当」として復活させることを目的とし、加賀藩の料理人の残した古文書をもとに四季のメニューづくり行った。検討に際し、学術的アプローチ(3大学が協力)と飲食業界(3社)との連携による検討会を設置した。また、新幹線開業後、MICE開催時にお弁当を提供することをめざし、実際のMICE開催時(2回)に試作した「加賀藩主御前弁当」を提供し、ニーズを把握し、メニューへの反映を行った。また、加賀料理のシンポジウムを開催し、加賀料理への理解を深めるとともに、「加賀藩主御前弁当」のPRを行った。

新たな政策ニーズの提案

金沢市介護労働実態調査業務委託(金沢市)

日常生活圏域ニーズ調査業務委託(金沢市)

平成25年度「いしかわの地域を支える建設産業ビジョン」策定支援業務委託(石川県建設業協会)

平成25年度「いしかわの地域を支える建設産業ビジョン」策定支援業務委託 建設産業は、社会資本の整備に加え、地域の災害対応や冬季の除雪など地域の安全・安心確保や雇用を支える産業として重要な役割を担っているが、近年の建設投資の減少に伴い、入職者の減少や離職者の増加、利益率の悪化など企業体力の低下が著しい状況にある。本業務では、県民代表者や有識者等からなる委員会や県民意見交換会の運営支援を行い、建設産業の抱える問題や課題を明らかにした上で「いしかわの地域を支える建設産業ビジョン」の骨子を取りまとめ、具体的な取り組み方針の提案を行った。

今後のみちづくりのあり方検討業務委託(石川県)

石川県の道路整備の方針は、平成15年4月に「新しい石川のみちづくり指針〜潤いある石川のみち〜」が策定されて10年が経過した。この間、金沢外環状道路山側幹線の全線供用や能登有料道路等の無料化が行われるなど道路整備が着実に進められる一方、大規模災害への備えや道路構造物の老朽化対応など新たな道路整備に対する課題やニーズも明らかとなってきた。本業務では、これまでの道路整備の歩みや成果を整理した上で、道路整備を取り巻く様々な状況の変化を明らかにし、今後の石川のみちづくりはいかにあるべきかについて検討を行った。地域別の道路整備課題の抽出やアウトカム指標の提案も行っている。

交流拠点都市金沢重点戦略計画策定支援業務委託(金沢市)

新幹線まちづくり推進高岡市民会議運営支援業務(高岡商工会議所)

平成25年度 中能登町公共施設管理活用計画策定調査業務委託(中能登町)

中能登町の公共施設は、三町合併により重複する施設があるとともに、建設から数十年が経過し、大規模補修や更新期を迎えていた。公共施設管理は、点検や修繕を基本とする従来型の手法では限界となり、施設を財政や管理人員の面から、戦略的に運営することが求められていた。本調査では、施設建築物の維持管理及び利活用の視点から施設データベースを作成するとともに、施設管理及び財政の将来見通しを分析し、中長期的な施設の管理運営方針立案や個別施設の統廃合に向けた意思決定に活用した。

平成25年度 中能登町庁舎統合基本構想策定調査業務委託(中能登町)

三町合併後、分庁舎形式をとっていた中能登町では、庁舎の老朽化、維持管理コスト、町民サービス、職員の業務効率の面で多くの問題が生じていた。本調査では、執務、議会、防災、窓口サービスなどの庁舎の持つべき機能を検討し、統合庁舎レイアウトや概算事業費の検討を行うことにより、住民利便性とコスト管理に着目した立地場所代替案の比較検討を行った。

PR(広報・キャンペーン等)や市民協働型会議支援

のと里山海道広報検討業務委託(石川県)

平成25年3月31日より開始した「のと里山海道」の無料化と、旧有料道路用の回数券等の払戻窓口設置期限を幅広くPRするため、新聞広告および「のと里山海道」PRツールを作成した。新聞広告は北陸三県で発行されている新聞のうち7紙で掲載を行った。また、「のと里山海道」PRチラシは、能登への誘客効果も狙い、観光部局とタイアップしながら四季折々のイベント情報を盛り込んだものとした。

平成25年度富山市モビリティ・マネジメント教育推進事業支援業務委託(富山市モビリティ・マネジメント教育推進協議会)

平成25年度富山市モビリティ・マネジメント教育推進事業支援業務委託 平成23年度から3ヵ年をかけて検討した、富山市の小学校を対象としたモビリティ・マネジメント教育について、検討の最終年度として学習プログラムを完成させ各小学校への配布を行った。 完成した学習プログラムは、富山市内各小学校で広く実施されることを目的として、ウェブサイト上での公開も行われることとなった。(下記リンクよりダウンロードできます。) 富山市のりもの語り教育(交通環境学習)の実施について

主要地方道 金沢田鶴浜線 県単道路改良(無料化対策)工事(有料道路記録誌作成)業務委託(石川県)

主要地方道 金沢田鶴浜線 県単道路改良(無料化対策)工事(有料道路記録誌作成)業務委託 石川県の有料道路事業は、昭和45年に着手された能登海浜道路の整備から始まり、能登半島縦貫有料道路、能登島大橋有料道路、川北大橋有料道路、田鶴浜道路の整備が順次行われ、平成25年3月31日をもって42年の歴史に幕を閉じた。本業務は県政発展の大きな礎となった有料道路事業のあゆみやその中で培われた様々な土木建設技術を後世に語り継ぐため、過去の技術資料や関係者への取材を行い、記録誌の編纂・製本を行った。

金沢市版交通環境学習(発展版)出前講座支援業務委託(金沢市)

北陸新幹線の金沢延伸開業に向けた観光振興シンポジウム運営業務(北陸信越運輸局)

ページトップへ